日産フェアレディZ、Z32型のDIYメンテナンス記録や中古車情報を掲載しています。

メンテナンス記録

車検

Z32車検完了(2012年)

車検完了

愛車のZ32の車検が完了しました。

Z32 車検後写真(2012年)

今回は、オートリアルさんの「タイミングベルト・ウォーターポンプ交換プラン」を実施しました。
交換内容は以下の通り。

  • タイミングベルト交換
  • ウォーターポンプ・サーモスタット交換
  • バイパスホース・バンド交換
  • 水温センサー交換

費用は少しお安くしていただいて、車検代とは別に63000円でした。

ウォーターポンプ交換で異音が解消

車検前は、アクセルを踏み込むとエンジン前方から「チリチリ」と異音がして気になっていたのですが、今回ウォーターポンプを交換後、高速走行をテストしたところ異音が無くなり解消していました。ウォーターポンプにガタがきていたようです。
日産フェアレディZ No.2 (ハイパーレブ 82)」のP152「Z32リバイバルプラン」のコーナーにも「エンジンの前方から異音がする」場合はウォーターポンプが原因の可能性があるというような事が書いていました。

プーリー類は取り付けできず

軽量アルミ製のクランクプーリー、パワステポンププーリー類はターボ用のものだったためNAには取り付けできないとの事でした。購入はYahoo!オークションで、NAでもOKと記載があったので購入したのですが、仕方がない。

強化タイミングベルト取り付け

タイミングベルトは持ち込んだ「POWER ENTERPRISE(パワーエンタープライズ)製 スーパーケブラーIIタイミングベルト」を取り付けてもらいました。
期待される効果は以下の通り。

  • 歯欠け強度の大幅向上、歯ゴム部にナイロン短繊維を配合し、大幅剛性アップ。
  • 精密伝動性の向上、クランクシャフトからカムシャフトへの駆動がより正確に伝動。
  • 伸びゼロによるパワーダウン防止、高モジュラスゴムの採用により、エンジン性能の低下を防止。

車検後の車を受け取って帰りの道中、アクセルのレスポンスが以前より良くなった気がしました。交換前のタイミングベルトが伸びていたのかもしれませんが。いずれにせよ、Z32のエンジンルームは熱がこもりやすく、ゴム類の劣化速度が速いので、強化タイプのタイミングベルトにしておけば安心です。

2012年07月23日
カテゴリ:[ 車検 ]